MY ATENZA との出会い(05年2月7日UP)

私とATENZAとの出会いを振り返ってみようと思います。 (無駄に長いです。(笑))

私が免許を取得したのは、平成14年の6月でした。
そのころは、トヨタのコロナという、ごく一般的なファミリーカーに乗っていました。
もちろん、そのクルマは両親が乗っていたもので、私が小学3年の頃に買ったものでした。

それからしばらくし、私と親がクルマを使う機会がかち合ってしまうことが多くなりました。
最初は、軽自動車の中古車を1台購入するという話であったのですが、
いつの間にやら乗用車の新車を購入するという話になってしまいました。(笑)

トヨタ、日産、ホンダ、三菱、スバル、マツダと市内にあるディーラーは回りました。
トヨタでは、ガイア。
日産では、これといったものがなく・・・
ホンダでは、ストリームorモビリオスパイク。
三菱では、ランサーセディアワゴン。
スバルでは、レガシィ。
マツダでは、アテンザスポーツワゴン。
と、各社ある程度に絞ってきました。

ホンダのモビリオスパイクでは、あまり格好よくない。
ストリームは、ATの関係で、坂道発進の際にクリープが弱く下がってしまう。
などの関係でダメ。

三菱は、当時はまだリコール問題などはそれほど表に出ていませんでしたが、
あまりパッとしなかった為、ダメ。

スバルのレガシィは、とてもよかったのですが、脚が硬すぎること。
値段がちょっと高いということで、ダメ。

ということで、トヨタのガイア と マツダのアテンザスポーツワゴンが候補に絞られました。

最終的に、試乗して決めよう!
という話になり、ガイアとアテンザ、どちらも試乗しました。
ガイアの試乗は難なく終わり、マツダのディーラーへ。

そのディーラーに置いてあったアテンザは、黄色のスポーツ23Sでした。
この黄色いのに乗るのっ!?と、今まで地味な色にしか慣れていなかったもので、
何だか少し恥ずかしい気持ちになったことを今でも覚えています。(笑)

アテンザのゲート式ATに少々戸惑いを感じたようですが、セダンタイプということで、
母親も安心して乗ることができ、父親も気持ちイイ加速に満足したようです。
私的には、ここでアテンザを選んでくれるのだろうなぁ〜と思っていました。
ただ、見積もりが、アテンザスポーツワゴンの20Fだったのですが・・・
(アテンザスポーツワゴン20Fに乗っていらっしゃる方、スミマセン。)

その後、トヨタのディーラーにて値段交渉。
月末ということもあり、ディーラーさんは必死で、ガイアのS-Edition(フルエアロ&HIDなどなど)が、
諸費用等、コミコミ200万ジャストということで、ガイアに決まってしまいました・・・。(苦笑)

どちらにしろ、自分が乗るのはコロナであって、ガイアでないからいいや〜という感じでした。
それから、コロナのオーナーズクラブ(CORONA Labo)に入会し、カルディナのパーツが流用できることを知ったり、
OFF会に参加させていただいたりと、楽しい日々を過ごしました。

(MY CORONAのページへ。)
CORONA Laboの皆様、ありがとうございました!
(コロナに、セリカの3S-GTを載せてしまったり、ATをMTに換装してしまったり、アツイ方々が多かったです。(笑))

・・・

それから、約1年後の2003年12月5日。大学のイベントの関係で、大学までコロナで行きました。
友人が途中で帰るというので、最寄り駅まで送っていくことに。
・・・もう、思い出したくもありません。
あのころは、コロナで無茶なことばかりしていて、いつかはやってしまうだろうなぁ・・・とは思っていましたが、
本当にやってしまいました。
大学が丘の上にあるので、ちょっと調子こいてしまい、スピードの出しすぎでハンドル操作が利かなくなり・・・
崖下20mのところにダイブ。コロナは亀の子状態。運転席ドアは開かなく、後部座席のドアを開け、出るのがやっとでした。
友人にも私にも、ほとんどケガをしたところが無く、ちょっとしたかすり傷程度で済んだことは、本当に奇跡でした。
最期の最期に、人間を守ってくれたコロナ、本当にありがとう・・・。

コロナを失い、しばらくは立ち直れませんでした・・・
でも、クルマが無いといろいろと不便ということもあり、必死にバイトしてクルマを買うことに。
大学の春休み中(2月・3月の2ヶ月間)に、
ヤマダ電機の店頭にて、ADSLの受付係を週5でやり、
家庭教師のバイトをヤマダの休み中に週2でやり、
週7でバイトしてました。(爆

そんなこんなで、クルマを購入する資金にある程度目処が立ち、無謀にもインプレッサのハードトップ STI Ver.IIIを購入しようと、
浦安まで契約しに行きました。
とりあえず、契約し、手付金まで払ってきたのですが、母親から後々になって、ダメとのことで、キャンセルになってしまいました。
とてもイイクルマだったのに、残念です。。。


母親的には、「どこの誰が乗っていたか解らない中古車」と言うものは、イヤらしく、新車にしなさいと。。。
オイオイ、そんな金ねーよー
と思いつつも、インプレッサが欲しく、涙目インプにすることに。嬉しいやら、悲しいやら・・・
ここでもまた、試乗しましたが、ヤヴァイです。まぢ、すごいです。戦闘機です。
これぢゃ、また事故るなーとも思いましたが・・・(笑)

また時が経ち、新しいインプレッサSTIが出る〜(トルクが40kg-mを上回ったモデル)との話があり、
その発売まで待つことに〜 どれくらい先になるか、解りませんでした・・・
(いろいろな情報が錯綜し、結局は7月くらいになっていましたが。)

いや、でも、クルマが無いと不便。
ということで、市内の中古車屋さんでの最低ランクの乗り継ぎ車を探すことに。
(この時点で、母親が言う条件はクリアしていないと思われるのですがー)
16万円でトヨタのターセル。コミコミ20万円で、トヨタのウインダム・・・などなど。

いろいろと探し回っているうちに、マツダの中古車ディーラーへ。

んんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんっ?
この黄色のクルマはなんだっ!?
すっげーカッコイイ!
おおっ! アテンザぢゃん!
しかも、アテンザスポーツ23S!
走行距離も6000km程と、メチャクチャ上等!
値段も、本体価格135万!
新車で買うより、断然安いっ!

ん? 待てよ、6000kmって、そんなに早く手放す人がいるのかぁ・・・
あまりイイクルマでないのかなぁ・・・
とちょっと心配になりましたが、そこのマツダ中古車ディーラーの方と話しているうちに、このアテンザの出所が。

なんと、ガイアを買うときに試乗した、市内のディーラーの試乗車というではないですかっ!

試乗車ということで、最初からバンバンアクセル踏まれちゃってたり、 ドアやハッチの開け閉め回数も新車に比べると著しく多いこと
など、ちょっとした不満点もありましたが、
1年ちょっと前に試乗したクルマと中古車ディーラーで出くわすなんて、とても運命的な出会いでした!!!

ネットで調べているうちに、アテンザというクルマ、数多くの批評サイトでもそこそこイイように書かれていました。
ちょっと、重量は重めだけれども、乗っていて、とても気持ちのいいクルマ。
もちろん、調べていくうちに Club Atenza という、ステキなサイトにも出会え、膨大な情報量に驚きました。

そんなこんなで、そこのマツダ中古車ディーラーにて、アテンザと出会い、2日後には契約していました。(笑)
その間には、キチンと試乗もし、ホイールのガリ傷を直してもらう事や、欠品している部品を補ってもらうこと、
AM/FMチューナしかありませんでしたので、それをMP3対応デッキに取替えてもらうこと〜などを話し合いました。

本体135万で、諸費用等コミコミで、160万円になりました。
本当はMT車を購入するということだったのですが、AT車ということもあり、親に50出してもらい、自分は110を負担することに。
今まで生きてきた中で、一番高い買い物です。
でも、とても満足のいく買い物だったと思います!

2004年4月8日納車で、あと2ヶ月で1年です。
それからもうちょっと経つと、初めての車検です。
ディーラーに出し、キチンと点検ということもしたいのですが、キチンとクルマの面倒は自分で見るということで、ユーザー車検です。
(今までにコロナも知人のクルマも2台ほど車検を通し、少し慣れました。 もちろん、必須交換項目は、キチンと交換しますけれどねー)

このように出会った、MY ATENZA。 末永く乗っていきたいと思います。(もう、コロナのような悲しい別れ方はしたくないです・・・)


納車日のMY ATENZA(小山ゆうえんちにて) (納車日早々、砂利の上でサイドターンかよ・・・(爆)(右側の跡))